ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    ホワイトニング
【八王子でホワイトニング】歯茎が黒ずんだ時はホワイトニングが可能か解説します

歯の黄ばみなどの変色に悩んでいる人の中には、歯だけではなく歯茎も変色したという人もいます。

 

歯茎は、なぜ変色することがあるのでしょうか?

 

また、歯と同じくホワイトニングで、変色を戻すことはできるでしょうか?

 

歯茎のホワイトニングについて、解説します。

 

歯茎が変色する原因は?

健康的な歯茎はピンク色ですが、中には黒っぽくなっている人もいます。

 

歯茎が黒ずむ原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

主な原因について、解説します。

 

まず挙げられるのが、ブラッシングによる刺激です。

 

歯を磨く際に力を入れすぎると、歯ブラシが歯茎に当たることがあります。

 

それにより、歯茎が刺激を受けてメラニン色素を生成してしまいます。

 

メラニン色素が沈着することで、歯茎が黒くなるのです。

 

喫煙も、歯茎に刺激を与えメラニン色素を生成します。

 

喫煙者に限らず、受動喫煙でも変色するかもしれません。

 

メラニン色素は歯茎に沈着してしまいます。

 

歯周病菌が増殖すると歯茎の歯周組織が破壊されてしまいます。

 

その結果、歯茎に炎症が発生し、変色することもあります。

 

また、金属製のかぶせもの、特に金銀パラジウム合金製の銀歯を装着していると、金属が露出して歯茎が黒ずんでしまうことがあります。

 

この状態をブラックマージンといい、ホワイトニングでは治りません。

 

治療には、かぶせものを新しいものにするか、セラミックのかぶせものなどに交換しなくてはいけません。

 

ホワイトニングで歯茎もきれいにできる?

歯茎の黒ずみは、ホワイトニングで改善することができます。

 

しかし、その色が先天性のものや歯周病による変色、あるいは被せもののクラウンの変色などの場合は、対応できません。

 

歯茎の黒ずみを治すためのホワイトニングは、歯肉ホワイトニングといいます。

 

歯肉ホワイトニングでは、歯茎に専用の薬剤を塗布し、沈着している色素をはがして黒ずみを落とします。

 

虫歯がある状態で歯肉ホワイトニングを行った場合は、薬剤がしみることがあるため、事前に虫歯を治療したほうがいいでしょう。

 

また、治療の直後は刺激物を避けてください。

 

歯茎のホワイトニングは、薬剤を使用するだけではなくレーザーで落とすこともあります。

 

レーザーを照射することで、歯茎のメラニン色素を除去することができるのです。

 

レーザーによる治療は、数回行います。

 

まとめ

歯茎の黒ずみは、メラニン色素の色素沈着が原因で起こります。

 

ホワイトニングには歯だけではなく、歯肉ホワイトニングもあります。

 

歯肉ホワイトニングは薬剤やレーザーを使用して歯茎の黒ずみをはがしていく治療ですが、先天性の歯茎の変色など対応できないケースもあるので、注意しましょう。

 

また、虫歯がある状態で治療をするとしみるため、先に虫歯を治療してからホワイトニングを行いましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る