ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    予防歯科
【八王子で予防歯科】入れ歯を長く使うために、定期的にチェックをしましょう

歯を失った時の治療方法として、入れ歯治療を行う人は多いでしょう。

入れ歯を作ってから、口に入れてなじむまではしばらく時間がかかり、特に使い始めは違和感を覚えるかもしれません。

使用するうちに違和感はなくなりますが、使い続けていくうちに、再び違和感を覚えるようになります。

上記のような入れ歯のトラブルを予防するためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

入れ歯を使う上でのトラブル

歯を失った時の治療方法には、入れ歯やブリッジ、インプラントなどがあります。

全ての歯を失った場合は、多くの人が入れ歯を選択します。

入れ歯を初めて作った場合、口に入れてからしばらくの間違和感があります。

初めてメガネをかけた時と同じように、今までなかったものを装着することで、奇妙に感じるのです。

最初のうちは違和感があるのは当然のことで、しばらく使い続けることで、違和感はなくなります。

 

しかし、いつまでも違和感が残るようなら、入れ歯が自分に合っていない可能性があります。

その場合は、入れ歯を作成した歯科医院に調整してもらった方がいいでしょう。

一度違和感がなくなると、今度は入れ歯を着けていることが自然に感じるようになります。

 

ところが、長く使い続けるうちに、再び違和感が生じるケースがあるのです。

上記のケースの原因となるのが、口腔内の変化です。

入れ歯と接している歯茎が痩せてしまうと、入れ歯と歯茎とのずれが大きくなっていき、使いづらくなってしまいます。

その結果、再び違和感を覚えるようになるのです。

違和感があっても無視して使い続けていると、歯肉の表面に潰瘍ができてしまうこともあります。

 

また、違和感のせいで噛みづらくなり、食事もしにくくなります。

違和感を和らげようと柔らかいものばかり食べるようになると、栄養バランスが崩れ、体調に深刻な影響を及ぼす可能性もあるのです。

 

入れ歯のトラブルを予防するために

入れ歯のトラブルが起こると、入れ歯を継続使用するのが難しくなる可能性もあります。

トラブルを予防するためには、定期的に歯科医院へと通ってチェックしてもらうことが大切です。

 

自覚症状がなくても、トラブルが起こり始めていることもあります。

予防歯科でチェックしてもらえば、痛みが生じる前の潰瘍になりかかっている部分なども発見でき、トラブルを未然に防ぐことができるのです。

 

まとめ

入れ歯は、オーダーメイドで作るものなので、フィットしていることが当然です。

しかし、人間の体は変化し続けるものであり、口内も変化するため、途中から合わなくなってしまうこともあります。

「せっかく作った入れ歯だから」と無理をして使い続けていると、今後入れ歯を使えなくなってしまう恐れがあります。

トラブル防止するためにも、定期的に歯科医院でチェックしてもらいましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る