ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    審美歯科
【八王子で審美治療】審美治療のラミネートベニアがどのような治療か解説します

歯を白くする治療の1つに、ラミネートベニアがあります。

 

ラミネートべニアとは、どのようにして歯を白くする治療なのでしょうか?

 

ラミネートベニアの治療内容と、メリットについて解説します。

 

ラミネートベニアの治療内容

歯は、食べ物や飲み物、加齢や喫煙などが原因で徐々に黄ばみます。

 

黄ばんだ歯を白くしたい場合、ホワイトニングの施術を受けようと考える人が多いでしょう。

 

ホワイトニングでも歯は白くなりますが、他にも白くする方法があります。

 

その一つが、ラミネートべニアです。

 

ラミネートベニアは、上下問わずすべての歯を治療することが可能です。

 

また、1本だけ治療することもできます。

 

ただしどのような歯でも治療できるわけではないので、気になるところは事前のカウンセリングで相談してみましょう。

 

ラミネートベニアの利点は?

ラミネートベニアとは、歯の表面を削って薄いセラミックなどのチップを貼り付けて、歯を白く見せる治療です。

 

それだけでなく、歯列矯正などにも役立ちます。

 

ラミネートベニアのチップの大きさや貼り付ける位置は、ある程度調整可能です。

 

歯に隙間がある場合には、特に隙間が大きいところなどを塞ぐようにして貼り付ければ、見た目がきれいになります。

 

また、歯の中にはねじれて生えてきているものもあります。

 

ラミネートべニアは、それを調整して、正しい位置に近づくよう促すことも可能です。

 

歯が割れたり小さな穴が空いたりしている場合は、それを覆うこともできます。

 

治療にかかる時間が短いのも、メリットです。

 

治療する本数が多くても、それほど時間はかかりません。

 

ただし、形状の違いなどがあると治療時間が若干延びることがあります。

 

ラミネートべニアの素材として使われているセラミックは、時間が経っても変質しづらく着色汚れも付きにくい素材で、強度も十分です。

 

そのため、治療を受けてから長い間使い続けられるでしょう。

 

失活歯と呼ばれる歯の神経を抜いた歯は、時間が経つにつれて黒ずんでくることがあります。

 

ホワイトニングを受けても白くなりませんが、ラミネートベニアであれば白くできるというのもメリットの1つといえるでしょう。

 

まとめ

ラミネートベニアは、歯を削ってセラミックなどを貼り付ける治療です。

 

ゆえに、健康な歯を削ることに抵抗があるという人もいるでしょう。

 

しかし、ホワイトニングでも白くならない歯を白くできる点が大きなメリットとして挙げられます。

 

例えば、先にホワイトニングを受けてから、白くならない歯だけにラミネートべニアを付けることも可能です。

 

特に、失活歯を白くしたい場合などにラミネートベニアをおすすめします。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る