ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    矯正歯科
【八王子で小児矯正】小児矯正で治療することが多い上顎前突について解説します

不正咬合になっている子どもは、少なくありません。

 

不正咬合にはいくつかの種類がありますが、子どもによく見られる不正咬合として上顎前突が挙げられます。

 

上顎前突がどのような状態か、知らない人もいるでしょう。

 

上顎前突の状態や放置した場合に起こりうるトラブルについて、解説します。

 

上顎前突とは?

歯並びが乱れている状態を、不正咬合と言います。

 

不正咬合には、さまざまな種類があります。

 

中でも、子どもによく見られる不正咬合が、上顎前突です。

 

上顎前突とは、出っ歯と呼ばれる状態のことを指します。

 

前歯は、上の前歯が下の前歯より前に出ているのが普通の状態です。

 

しかし、上の前歯が下の前歯より大きく突出していると、不正咬合になるのです。

 

また、顎全体が前に出ていることもあります。

 

上顎前突は、遺伝によってなることが多いのですが、他にも口呼吸や指しゃぶり、舌で前歯を押し出すクセがある等が原因となることもあります。

 

癖が残っていると、矯正治療をしてもまた戻ってしまうので、癖を治すことを優先しましょう。

 

上顎前突を放置すると起こるトラブル

上顎前突の状態で矯正治療をせずに放置していると、さまざまなトラブルが起こります。

 

たとえば、上顎前突の場合には口を閉じるのが難しいため口内が乾燥しやすくなります。

 

その結果、唾液が減少して虫歯や歯周病、口臭などの原因になることがあるのです。

 

また、口が開いていることで口呼吸になりやすくなり、インフルエンザや風邪になる可能性も高くなります。

 

スポーツなどで転倒した際は、歯が唇の内側などにぶつかってけがをすることも増え、発音が不明瞭になることもあります。

 

上顎前突の治療にはいくつか方法がありますが、まだ永久歯が生えそろっていない混合歯列の時は、上顎の成長を制御するために、取り外しが可能な装置を使用しましょう。

 

また、学校が終わった後は就寝中も含めて、ヘッドギア―という装置や機能的矯正装置を装着することもあります。

 

永久歯が生えそろっている場合は、固定式装置を使用します。

 

ワイヤー矯正が一般的ですが、裏側矯正や抜歯による矯正、インビザラインなどもあります。

 

症状によっては、外科矯正による治療が必要なケースもあります。

 

まとめ

上顎前突、いわゆる出っ歯は、上の前歯が突出している状態です。

 

上の前歯が下の前歯より前にあるのは普通ですが、あからさまに突出している場合は上顎前突となるのです。

 

上顎前突を放置していると、虫歯や歯周病だけではなく、風邪やインフルエンザなどになる可能性も高くなります。

 

治療方法は、ワイヤー矯正やインプラント矯正を始め色々な方法があるので、自分の状態にあった治療を受けるようにしましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る