ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    入れ歯
【八王子の歯医者】保険診療と自由診療の入れ歯の違いについて解説します

歯を失った人向けの治療の1つとして、入れ歯の製作があります。

 

入れ歯には保険が適用される保険診療のものと、保険が適用されない自費診療のものがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

入れ歯の違いについて、解説します。

 

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用される保険診療のものと、保険が適用されない自費診療のものがあります。

 

保険診療と自費診療の違いは、床という粘膜に接する部分と、構造にあります。

 

床は、総入れ歯の上顎や歯肉と接する部分です。

 

保険診療の入れ歯の場合、床はレジン製のみです。

 

一方、自費診療の場合は、コバルトクロムやチタンなどの金属製のものや、レジン床を金属フレームで補強した高精度レジンなどがあります。

 

また、入れ歯の金属製のばねを無くしたノンクラスプデンチャーや、特殊なカム構造を使用したカムデンチャーといったタイプの入れ歯もあります。

 

入れ歯を固定するためのマグネット加工や、入れ歯の裏側にシリコン加工して歯茎と接する部分を柔らかくしたコンフォート加工などを行うことで、いっそう快適な使用が可能です。

 

種類による入れ歯の主な違い

保険診療と自費診療の入れ歯の違いは、素材や追加の加工などによるものですが、素材によって何が変わるのでしょうか?

 

種類ごとの入れ歯の違いを解説します。

 

保険診療で作成できるレジン床の入れ歯は、最も基本的な機能を備え、最も安価で作製できる点が特徴です。

 

見た目はあまり本物の歯に近いとは言えません。

 

レジン床と比較した場合、高精度レジン床の入れ歯の方が、快適性や噛む力、耐久性など全体的に優れています。

 

また、自費診療の入れ歯の中では比較的安価です。

 

コバルトクロム床の入れ歯は、床をレジンではなく金属製にすることで、床の厚みをなくしています。

 

レジンの3分の1程度になるため、装着した際の違和感が少ない点が特徴です。

 

また、金属製なので、レジンより耐久性が高く、噛む力も強くなります。

 

チタン床の入れ歯はコバルトクロム床よりも軽量であり、さらに快適に使用できます。

 

部分入れ歯で使用されるノンクラスプデンチャーは、金属のばねが無いため他の歯に負担をかけることがありません。

 

マグネット加工やコンフォート加工をすると、より快適に使用できるようになるでしょう。

 

まとめ

入れ歯には、保険診療のものと自費診療のものがあります。

 

総入れ歯の場合、保険診療になるのは床がレジン製のものだけです。

 

レジン床でも金属フレームを装着した高精度レジン床やコバルトクロム床、チタン床などは自費診療となります。

 

また、自費診療であれば部分入れ歯も、ノンクラスプデンチャーやカムデンチャーなどを選択可能です。

 

自費診療は料金が高くなるものの、快適に使用できます。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る