ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    入れ歯
【八王子の歯医者】入れ歯治療とはどのようなことをする治療か解説します

歯を失った場合は、代わりとなる人工歯を使用することになります。

 

人工歯の治療にはいくつかの種類があり、代表的なものとして挙げられるのが入れ歯治療です。

 

入れ歯治療には、種類や保険の適用の有無などの違いがあります。

 

入れ歯治療はどのような治療なのか解説します。

 

入れ歯治療とは?

歯を失った場合の治療方法として、インプラントやブリッジなどの名称を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、最も多くの人が利用している治療方法は入れ歯です。

 

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。

 

部分入れ歯は一部の歯が欠けている時に補うためのものです。

 

一方、総入れ歯は上下どちらかの歯が全く残っていない時に補うものです。

 

入れ歯の構造は、歯茎や口内の粘膜に似たピンク色の部分である床と、歯の代わりになる部分の人工歯に大きく分けられます。

 

総入れ歯も部分入れ歯も基本的なつくりは変わりません。

 

ただし、部分入れ歯の場合は固定するためのクラスプやアタッチメントが付きます。

 

人工歯と床には素材による違いがあり、基本的に歯科用のレジンというプラスチックで作製されます。

 

レジンは、歯科のさまざまな治療で使われている代表的な素材です。

 

レジンは強度を得るために、大きさと厚みを一定以上にする必要があるので、装着した際はなかなか慣れないかもしれません。

 

レジンから改良された硬質レジンという素材もあり、レジンより硬度が高くすり減りにくいという特徴があります。

 

床には、金属が使用されることもあります。

 

金属床といい、チタンやゴールド、コバルトなどさまざまな素材で作製されます。

 

ゴールドは、金属アレルギーでもアレルギー反応が出にくい金属です。

 

レジンと比べて強度が高く、床を薄くでき、違和感が少なくなります。

 

また、熱伝導率が高いのも特徴です。

 

食べ物の温度がしっかりと分かった方が、食事は楽しくなるでしょう。

 

保険が適用されるのは?

総入れ歯と部分入れ歯には、素材や仕組み、形状などの違いからいくつかの種類があることは前述したとおりです。

 

ほかにも、入れ歯は保険が適用されるものと適用されない自由診療のものに分けられます。

 

保険が適用される入れ歯は、どのようなタイプでしょうか?

 

保険が適用されるのはレジンを使用した、最も基本的な入れ歯に限られます。

 

同じレジンでも、硬質レジンは保険が適用されません。

 

また、セラミックの人工歯や金属床なども自由診療です。

 

保険が適用されない自由診療の入れ歯は、費用が高い点がデメリットです。

 

その分性能が高く、総入れ歯で保険診療の入れ歯を作製した人が、後になって自由診療の入れ歯に作り直した、というケースも少なくありません。

 

まとめ

総入れ歯や部分入れ歯は、形状や素材などの違いでいくつかの種類があります。

 

基本的な入れ歯は、全体が歯科用プラスチックのレジンでできているもので、保険も適用されます。

 

レジン以外の素材を使用していると自由診療となり、保険は適用されません。

 

しかし、自由診療のものは高性能で快適に使用できるので、長く使うものとしてどちらがいいか、よく検討してください。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る