ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜7時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-19:30

※土曜日は18:30までとなっております

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
7時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    入れ歯
【八王子の歯医者】入れ歯治療のメリット・デメリットについて解説します

虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合は、インプラントや入れ歯、ブリッジなどの方法で治療が可能です。

 

このうち、入れ歯治療にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

また、デメリットとしてどのような点が挙げられるのでしょうか?

 

入れ歯治療の、メリットとデメリットを解説します。

 

入れ歯治療のメリットは?

入れ歯には、一部の歯を失ってしまった方向けの部分入れ歯と、歯を全て失ってしまった方向けの総入れ歯があります。

 

入れ歯治療には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

入れ歯には保険診療で作製できるものと、保険が適用されない自由診療で作製できるものがあります。

 

保険診療の入れ歯は、比較的安価で作製できる点が最大のメリットです。

 

保険診療で作製する入れ歯は、総入れ歯の場合は上下それぞれが保険適用前で3万円前後から作製できます。

 

上下とも作製する場合には6万円前後からとなり、保険が適用されるので、実際の負担額は1割から3割で済みます。

 

歯の本数に関わらず、1つの入れ歯で治療できるのもメリットです。

 

インプラント治療とは違い、外科手術の必要は無く、比較的短い期間で治療できるため、すぐに歯を補いたい方におすすめです。

 

取り外しができるので、お手入れがしやすいというメリットもあります。

 

汚れている部分を目視により確認でき、汚れを落とすのも簡単です。

 

洗浄剤に入れておけば清潔さも保たれます。

 

入れ歯治療のデメリットは?

入れ歯治療にはメリットがある反面、いくつかのデメリットもあります。

 

ただし、そのデメリットのほとんどは自由診療の入れ歯にすれば解決可能です。

 

そのため、ここで挙げるデメリットとは、基本的には保険診療の入れ歯のデメリットであることに留意してください。

 

まず挙げられるのが、入れ歯の隙間に食べかすが入り込んでしまうことです。

 

食べかすが挟まっていると、噛んだ時に痛みが生じることがあります。

 

自由診療で作製できるソフトデンチャーの入れ歯であれば、密着するため食べかすが挟まりにくく、このデメリットを解決可能です。

 

部分入れ歯の場合は、固定するためのバネが目立ってしまうことがあります。

 

なお、見た目が気になる人は、自由診療のノンクラスプデンチャーのように、バネを使用しない部分入れ歯を選びましょう。

 

まとめ

入れ歯治療は、歯を失った人に人気の治療です。

 

インプラントと比較すると、外科手術が不要かつ安価で作製できるため、手軽に受られます。

 

特に、保険診療の入れ歯であれば、金銭的な負担はかなり少ないでしょう。

 

一方で、保険診療の入れ歯にはデメリットもあります。

 

デメリットが気になる場合は、自由診療の入れ歯も検討してください

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る