ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜7時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-19:30

※土曜日は18:30までとなっております

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
7時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    マタニティ歯科
【八王子の歯医者】妊娠中に気を付けたいカルシウム不足について解説します

妊娠中は、体にさまざまな変化が表れます。

 

一番目立つのは日に日に大きくなるお腹ですが、それだけでなく、体内でもさまざまな変化が起こっているのです。

 

妊娠中、特に気をつけたいのがカルシウム不足です。

 

カルシウムは歯の主成分なので、カルシウム不足は歯の健康を損なってしまいます。

 

カルシウムが不足する原因は?

妊娠中にカルシウムが不足するのは、お腹の中に子どもがいるからです。

 

お腹の中では、子どもが少しずつ形作られていきます。

 

歯が生えるのは生まれてから半年ほど経ってからですが、歯自体はお腹の中で既にできているのです。

 

歯や骨を造るため、お腹の中にいる胎児はお母さんからカルシウムを吸収しています。

 

妊娠中にカルシウム不足が起こるのは、胎児を育てるためです。

 

日本人はそもそもカルシウムが不足しています。

 

カルシウムの推奨摂取量は、1日あたり成人男性が650~800mg、成人女性は約650mgで、妊娠中は約900mg、授乳期は1100mgとされています。

 

しかし、実際に接種できている量は、男女とも約400~500mg程度です。

 

カルシウムはどうやって摂取する?

カルシウムが不足している場合、どのように摂取すればいいのでしょうか?

 

効率的にカルシウムが摂取できるのは、牛乳です。

 

牛乳200mlには、おおよそ227mgのカルシウムが含まれています。

 

牛乳を飲み過ぎるとカロリーを摂取しすぎてしまいますが、1日400mlほどなら問題はありません。

 

妊娠中の場合は、500mlを目安に飲むようにしてください。

 

牛乳以外にも、カルシウムが豊富な食品はあります。

 

乳製品のチーズやヨーグルトなどはもちろん、シラスや干しエビ、イワシなどの魚、小松菜やチンゲン菜、高野豆腐などにも豊富に含まれています。

 

ヒジキは、カルシウムだけではなく鉄分も豊富なので特におすすめです。

 

大豆製品にも、カルシウムは豊富に含まれています。

 

つわりなどがある場合は、食べられるものだけにしましょう。

 

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けてくれます。

 

食品からはわずかしか摂取できない栄養素ですが、日光浴をすれば体内で生成されるため、1日15分の日光浴を心がけましょう。

 

まとめ

妊娠中は、カルシウムが胎児に吸収されるためカルシウム不足になりやすい傾向にあります。

 

カルシウム不足にならないようにするためにも、カルシウムを積極的に摂取しましょう。

 

カルシウムが不足すると、骨や歯がもろくなってしまい、虫歯になるリスクも高まります。

 

カルシウムの摂取と共に、毎日15分ほどの日光浴をして、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも生成されるようにしてください。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る