ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜7時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-19:30

※土曜日は18:30までとなっております

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
7時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    マタニティ歯科
【八王子の歯医者】妊娠中は麻酔やレントゲンを受けても大丈夫なのでしょうか?

お腹の中に子どもがいるときは、歯の治療も普段通りというわけにはいきません。

 

状況によっては急いで治療をしなくてはならないケースもありますが、妊娠中に麻酔やレントゲンを受けると、お腹の子どもに悪影響がないか不安になるでしょう。

 

麻酔やレントゲンによって悪影響があるのか解説します。

 

麻酔の影響は?

歯を削る時や神経を除去する時、抜歯する時、歯周病の治療で歯石を除去するスケーリングを行う時などは、麻酔を使用して痛みを和らげます。

 

しかし、妊娠中は「麻酔が何らかの悪影響を及ぼすのではないか」と気になる人もいるでしょう。

 

麻酔は外科手術でも使用されますが、外科と比べて歯科で使用する麻酔は濃度が低く、使用量も少量です。

 

したがって、体に及ぼす影響はかなり小さいといえます。

 

危険性はほぼなく、体内で吸収されてから胎児まで届くことはありません。

 

麻酔には、血管を収縮させて心臓の鼓動を早める働きがあるエピネフリンという成分が含まれているので心配する人もいます。

 

しかし、歯科の麻酔に含まれているのは8万分の1まで薄められている薬剤なので、影響はほとんど出ません。

 

麻酔が不安で、麻酔なしで治療を受けようとする人もいますが、痛みが強ければ体に負担がかかるため、かえって悪影響を及ぼします。

 

必要な場合は、きちんと麻酔をかけて治療を受けましょう。

 

ただし、麻酔で気分が悪くなったことがある人は、事前に歯科医に申告してください。

 

レントゲン

妊娠中にレントゲンを受けた場合、何らかの影響が出ることを心配する人もいるでしょう。

 

データによると、妊娠中に100mSV以上の放射能を浴びると胎児に悪影響を及ぼす可能性がある、といわれています。

 

普通に生活していても、年間で放射能を2.5mSV浴びているといわれていますが、歯科のレントゲンでアナログの小さいレントゲン写真を撮影した場合の被ばく量は、0.04mSVしかありません。

 

デジタルの場合は、0.01mSVと被ばく量はさらに低下します。

 

また、レントゲン撮影の際はエプロンのような防護服を着用して守られるため、胎児に影響を及ぼすことはまずありません。

 

ただし、どうしても不安な場合は、麻酔やレントゲンを使用せず治療できるケースもあるため、歯科医に相談してください。

 

まとめ

妊娠中に口内のトラブルが起こって歯科医院を受診する場合は、麻酔やレントゲンが胎児にどんな影響を与えるのか、不安に思う人は少なくありません。

 

歯科医院で使用する麻酔は一般の病院よりも濃度が低いため、胎児に影響を及ぼすことはほぼありません。

 

また、レントゲンも日常生活より放射能が少ないため、心配する必要はないのです。

 

どうしても不安な場合は、麻酔やレントゲンなしで治療してほしいと伝えてください。

 

ただし、治療部位や治療内容によっては強い痛みを感じる恐れがあり、かえって体に負担がかかることに留意してください。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る