ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    予防歯科
【八王子の歯医者】矯正治療はなぜ子どものうちから行うのか解説します

歯並びの矯正は、子どもの時から始めることが多いのですが、まだ永久歯へと生え変わっていないのに矯正治療を始めて意味があるのか、気になる人もいるでしょう。

 

矯正治療は、なぜ子どものうちから始めることが多いのでしょうか?

 

また、乳歯を矯正して意味はあるのでしょうか?

 

子どもが行う歯列矯正について、解説します。

 

子どもに行う歯列矯正

歯が生えていれば、歯列矯正はできます。

 

永久歯が生える頃の子どもの成長期に行う矯正治療のことを、小児矯正といいます。

 

6歳頃から15歳頃に行うことで、歯以外に顎の骨も動かすことができるのです。

 

顎の骨は、成長に伴って固定されていくため、成長途中の方が動かしやすいのです。

 

顎の骨を動かすことで、歯並びだけではなく顎の大きさなどもコントロールできます。

 

子どもの頃に整えておけば、将来的に噛み合わせもきちんと合うようになります。

 

歯並びの悪さが抱える問題点は、見た目だけだと思っている人もいるでしょう。

 

もちろん見た目の問題もありますが、それだけにとどまりません。

 

歯並びが悪いと口内環境が悪化し、虫歯や歯周病のリスクも高まるため、できるだけ治しておいた方がいいのです。

 

小児矯正を受けることで、見た目が改善されるのはもちろん、将来の口内や体全体の健康を守ることにつながります。

 

子どもの歯並びに不安がある場合は、歯科医院に相談してみましょう。

 

子どものうちに矯正治療をするメリット

矯正治療は、子どものうちに始めるといくつかのメリットがあります。

 

先述した、顎の骨を整えることができるということも、メリットの一つです。

 

他にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

他のメリットとして挙げられるのが、歯の汚れが落としやすくなる、という点です。

 

歯並びが悪いと、歯と歯の間の隙間が大きくなってしまい、隙間に歯垢や食べかすなどの汚れが溜まりやすくなります。

 

溜まった汚れは、虫歯や歯周病の原因となります。

 

歯並びを整えておけば、普通に歯を磨くだけでほとんどの汚れは落ちるようになります。

 

「仮に虫歯になったとしても、治療すれば問題ない」と考える人もいるでしょう。

 

しかし、子どものころに感染した虫歯が、大人になってからも悪影響を及ぼすケースもあります。

 

したがって、できるだけ早く予防することが大切です。

 

歯並びを整えることで、食べたものをしっかりと噛むことができ、食事も美味しく感じるでしょう。

 

また、しっかりと噛むことで消化も促進されます。

 

まとめ

子どもが歯列矯正のために矯正装置を装着していると、「なんで子どものうちから始めているのか?」と不思議に思う人もいるでしょう。

 

実は、矯正治療を行うタイミングは大人になってからよりも、子どもの時の方が様々なメリットがあります。

 

したがって、できるだけ早いうちに治療した方がいいのです。

 

歯並びを治すことによって、歯並びが悪かった時の不便さに気が付くでしょう。

 

不自由なく過ごすためにも、子どものうちから矯正治療を行うことをおすすめします。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る