ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    入れ歯
【八王子の歯医者】金属床の入れ歯で注意が必要な点について解説します

入れ歯を作製する際は、保険診療で作製できるレジン床の入れ歯だけではなく、自由診療で作製する金属床の入れ歯も選べます。

 

金属床の入れ歯は、レジン床の入れ歯よりも丈夫で長く使えるのが特徴ですが、使用するうえでいくつかの点に注意が必要です。

 

金属床の入れ歯の注意点について解説します。

 

金属床の手入れについて

入れ歯は、毎日きちんと手入れをしなくてはいけません。

 

素材に関わらず手入れが必要ですが、金属床の入れ歯の場合はレジン床のものにはない注意点があるため、同じような手入れはできないのです。

 

金属床の入れ歯で注意するべきなのは、素材に合わせて手入れの方法を変える必要がある、という点です。

 

入れ歯洗浄剤は成分などに若干の違いがあるため、素材に合わせて選ぶと効果が高まります。

 

また、金属床はレジン床と比べて強度が高く、変形や破損の心配は少ない点が強みですが、土台となる歯茎や顎の骨が変形すると、合わなくなる恐れがあります。

 

少し歯茎が痩せたなど、小さな変化であれば違和感を覚えつつも使い続けることが可能です。

 

しかし、大きく変わると使ううちに痛みが生じるため、作り直さなければなりません。

 

強度の高い金属床の入れ歯でも、長く使えるとは限らないのです。

 

入れ歯を作製する際の注意点

入れ歯が必要になった時、保険診療で作れるレジン床の入れ歯と、自由診療のため高額な金属床の入れ歯と、どちらを作るか悩む人もいるでしょう。

 

しかし、その前に確認しなければならないことがあります。

 

金属床の入れ歯を作製する前に必要なのが、金属アレルギーの有無です。

 

金属アレルギーの中には、特定の金属にだけ反応するものもあるため、使用される素材について問題ないか事前に確認してください。

 

金属床の入れ歯に使われる素材のうち、金やチタンはめったに金属アレルギーは起こりません。

 

しかし、コバルトクロムはアレルギー反応が起こる可能性が十分にあります。

 

可能性がある場合は、きちんと調べてから作製しましょう。

 

入れ歯を作製する際にわずかでも違和感がある場合には、自分で大丈夫と判断せず、きちんと歯科医師に相談してください。

 

合わない入れ歯を使い続けていると、口内環境が悪化する可能性もあるので注意しましょう。

 

まとめ

入れ歯にはレジン床と金属床があり、レジン床よりも金属床の方が丈夫で快適に使用できます。

 

ただし、金属床の場合はいくつか注意が必要な点もあるため、自分で大丈夫と判断せず、検査などをきちんと受けたうえで作製しましょう。

 

特に、金属アレルギーの有無には注意が必要です。

 

今まで思い当たらなくても、事前にきちんと調べましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る