ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    小児歯科
【八王子駅前の歯医者】子供の姿勢は歯並びにどう影響するのか解説します

近年、姿勢の悪い子供が目立ちます。

 

姿勢が悪いと、成長途中の骨格にゆがみが出るなどの影響があるばかりか、歯並びも影響を受けるので、放置は禁物です。

 

子供の姿勢は、歯並びにどのような影響を与えるのでしょうか?

 

歯並びが受ける主な影響について、解説します。

 

子供の姿勢の悪さとは?

近年、背中が丸まった猫背の子供が増えています。

 

普段の生活習慣の影響で猫背になるケースもありますが、口呼吸が関係するケースもあるため、注意が必要です。

 

口呼吸が猫背を引き起こすのは、「楽な姿勢」に原因があります。

 

楽な姿勢とは、口呼吸は正面を向いて行うよりも、少し上を向いた方が楽にできる、ということを意味します。

 

少し上を向いたままの状態で背筋を伸ばすと、正面がやや見づらくなるでしょう。

 

それだけでなく、体のバランスが悪くなり、疲れてしまいます。

 

少し上を向き、かつ、正面もよく見える状態が楽にできるためには、猫背になる必要があるのです。

 

この状態が続くと、猫背が当たり前になってしまうでしょう。

 

猫背が普通の状態になると、背筋を伸ばそうとしても不自然な体勢に感じてしまい、気を抜いた時はまた猫背になってしまいます。

 

子供のうちから鼻呼吸を習慣づけることで、猫背になるのを防ぎましょう。

 

鼻炎など口呼吸になりやすい原因がある場合には、早めの治療をおすすめします。

 

歯並びに与える影響は?

姿勢が悪いと、口呼吸が常態化するため、口内が乾燥しやすくなり口の周りの筋肉も衰えやすくなってしまいます。

 

また、口呼吸は舌が通常よりも下に下がることから、上顎を支えることができなくなり、唇を閉じる筋肉が衰えてしまうでしょう。

 

その結果、舌や唇のバランスが崩れ、歯並びが悪化してしまいます。

 

なぜなら、舌と口周りの筋肉との力のバランスが、きれいな歯並びを維持するのに重要な役割を果たしているからです。

 

舌が内側から歯を前に押し出す際に、口の周りの筋肉がしっかりと鍛えられていれば歯に圧力をかけられます。

 

舌が歯を押し出そうとする動きを口周りの筋肉が妨げるため、出っ歯を防止できます。

 

しかし、口呼吸が当たり前の状態になっていると口周りの筋肉が衰えやすいため、舌が前歯を押し出す力を阻むことができません。

 

また、口呼吸になると仰向けではなく、うつ伏せや横向きで寝ることが増えてしまいます。

 

寝る時の姿勢によっては歯列に頭の重さが加わり、歯列が細長く狭窄した状態になってしまいます。

まとめ

子供のうちは、骨格がまだ成長途中にあります。

 

骨格がゆがむことが珍しくはなく、歯並びも同様に悪くなりやすいので注意が必要です。

 

特に注意したいのが姿勢です。

 

口呼吸が多いと猫背になってしまうため、なるべく早く鼻呼吸になるよう改善してください。

 

口呼吸は歯並びに悪影響を及ぼします。

 

また、口呼吸によってうつ伏せ寝や横向きに寝ることが当たり前になり、頭の重さが歯列に加わって歯並びが乱れることもあるので、注意が必要です。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る