ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜7時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-19:30

※土曜日は18:30までとなっております

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
7時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

MEDICAL

診療案内

虫歯治療

DECAY TREATMENT

最大限「痛みを抑えた」虫歯治療

患者さんの負担を少しでも軽減するため、痛みが少ない治療を行なっています。そのためにきずな歯科が行っている取り組みをご紹介します。

01
表面麻酔

事前に歯茎の表面に麻酔を施すことで、針を刺すときの痛みを軽減します。

表面麻酔
02
「極細の針」を使用

針は細ければ細いほど刺す時の痛みは小さくなります。当院では麻酔に使用できるものの中で最も細い針を使用しています。

極細の針
03
麻酔液を人肌まで温めます

麻酔薬が冷たかったり、熱すぎたりすると、温度による刺激で痛みが生じます。人肌に近い37度前後まで麻酔液を温めることで、麻酔液が入ってきた時の痛みを軽減します。

麻酔液を温める機械
04
電動麻酔注射を利用しゆっくりと注入

麻酔液が注入される圧力が強いと痛みの原因になります。当院では電動麻酔装置で注入速度や圧力をコントロールしておりますので、痛みは最小限に抑えられます。

電動麻酔注射

最大限「削る量を抑えた」虫歯治療

虫歯治療では虫歯の部位を削り治療します。しかし虫歯のみを正確に削り取ることは難しく、実際には健康な歯質も一部削り取ってしまいす。一度削った歯は二度と元に戻りません。再発と治療を繰り返していると、最終的には抜歯しなくてはならなくなります。そのため、削る量を最小限抑えることが大切です。そのためにきずな歯科が行っている取り組みをご紹介します。

01
高倍率ルーペマイクロスコープ

虫歯はとても小さいため、治療にはミクロン単位の治療精度が求められます。そのため当院では肉眼ではなく、高倍率ルーペやマイクロスコープのように治療部位を何倍にも拡大してくれる装置を使用しています。治療部位が鮮明に見えるようになりますので、削る量を最小限に抑えることができます。

02
う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。削る必要がある部位だけが赤く染まりますので、削りすぎや虫歯の取り残しを防ぐことができます。

03
超極細ドリル

歯はバーと呼ばれる「ドリル」で削ります。このドリルが太ければ歯は大きく削れますし、細ければ削る量を抑えることができます。当院では細いドリルを利用していますので、健康な歯までを削ることはありません。

04
超低速回転の切削器具

通常、虫歯の深い部分を削る器具を用いる時は無注水下(水を使わない)で行います。

当院の切削に用いる器具は、特別仕様で毎分100回転まで速度を落とすことにより極力熱を発生させないようにしています。熱が発生してしまうと、神経に刺激が伝わってしまい治療の後に痛みが出てしまったり、最悪の場合は神経が壊死してしまうこともあります。

05
スプーンエキスカベータ

更に当院では、歯を削る量を少なくする方策として、「機器」ではなく、「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏むこともあります。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。

この部分は手の力で除去することもできます。しかし、ドリルを利用した方が一気に削ることができ、時間短縮になりますので多くの医院さんではドリルで除去を済ませてしまいます。

しかし当院ではドリルだけで済ませることはしません。 なぜならば、ドリルを利用すると健康な歯までも削ってしまうことがあるためです。 そのため、ケースによってはドリルを利用しますが、最後はスプーンエキスカベータ―を利用し、手の感触で虫歯に感染した部分をしっかり見極め感染部分の除去を行います。

通常よりも少し時間はかかってしまいますが、「健康な歯を可能な限り残す」という当院のこだわりとお考えください。

最大限「歯の神経を残して、抜歯を避ける」虫歯治療

虫歯が神経にまで届くと、歯の神経を除去する治療が必要となってしまいます。しかし神経を除去してしまうと、栄養が届かなくなってしまうために、枯れた木のように脆い、弱い歯になってしまいます。また抜歯を行うと、入れ歯・インプラント等の治療が必要になってしまうため、患者さんの負担が大きくなってしまいます。そのためにきずな歯科が行っている取り組みをご紹介します。

歯の神経を残す「MTAセメント」の活用

MTAセメントは殺菌効果がある薬剤です。虫歯菌に汚染された神経の上から被せるように使用することで、虫歯菌を殺菌することが可能です。今までは歯の神経を除去しなければならなかったケースであっても、歯の神経を残しながら治療をすることができます。

歯を残す治療「エクストリュージョン法」

あまりにも進行した虫歯は抜歯を避けられなくなってしまいます。しかし「エクストリュージョン法」ならケースによっては抜歯を回避することができます。

この方法は、歯根廷出術(しこんていしゅつじゅつ)ともいい、矯正治療を応用したものです。歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させることにより、被せ物の「土台」にすることができます。抜歯をするよりも、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。

虫歯治療後に使用する、詰め物・被せ物

虫歯の治療後、削った部分に詰め物や被せ物をします。色々な種類がありますが、広く知られているのは、「銀歯」と呼ばれている詰め物です。 これは保険適用の素材で安価ではあるのですが、「精度」「見た目」「耐久性」「金属アレルギー」などのデメリットがあります。

これに対してセラミックなどの保険適用外の素材は、「精度」「体への優しさ」「審美性」「機能性」「耐久性」などに優れています。

患者さんの希望や状態により、もっとも適切な素材をご提案させていただきます。

技工士による精密な技工

当院は歯科技工所と提携をしております。極力すき間の少ない、精度の高い詰め物・被せ物を作製はもちろんのこと、審美治療(前歯のオールセラミックなど)においては技工士としっかりと打ち合わせを行い、患者様のご要望にお応えできるよう努めております。

精度にこだわることで、むし歯の再発や見た目の綺麗さ等、あらゆる面においてご満足頂けるような治療を行います。 精度が高いほど、むし歯と歯周病の原因となる汚れ(歯垢)がつきにくくなり、歯を長く保たせることができます!!