ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜7時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-19:30

※土曜日は18:30までとなっております

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
7時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    予防歯科
【八王子で予防歯科】フッ素は虫歯予防でどのような働きをするのか解説します

歯科医院では、クリーニングや定期検査などを行った後にフッ素を歯に塗布されます。

当たり前のようにフッ素の塗布を受けていても、何を目的に行われているのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

実は、フッ素を塗布すると虫歯予防になるのです。

今回は、虫歯予防としてのフッ素の効果について解説します。

 

フッ素の効果とは?

フッ素は、デンタルケアによく使われています。

歯科医院で塗布されるだけではなく、歯磨き粉や洗口液などにもよく配合されているフッ素には、いったいどのような効果があるのでしょうか?

 

フッ素には、主に3つの効果があります。

具体的には、①耐酸性や結晶性の向上、②抗酵素・抗菌作用、③再石灰化の促進です。

それぞれの効果について、詳しく解説します。

 

フッ素を塗布すると、エナメル質の表層に作用し、エナメル質の表面を構成するハイドロキシアパタイトが、フルオロアパタイトに変わります。

フルオロアパタイトは酸に強く、安定性の高い結晶構造なので、虫歯になるリスクを低減してくれるのです。

 

また、ミュータンス菌をはじめとする虫歯の原因菌は酵素を出して酸を生み出しますが、フッ素には抗酵素作用もあり、酸を生み出す過程を妨害します。

抗菌作用もあるため、ミュータンス菌の働き自体を抑制するのです。

 

虫歯の初期段階では、歯の成分からカルシウムやリンなどが溶け出す脱灰という症状が起こります。

フッ素は、脱灰した歯の再石灰化を促す効果も持っています。

唾液に含まれるカルシウムやリンを吸収し、再石灰化が優勢になるよう働きかけるのです。

 

フッ素はどうやって歯につける?

フッ素にはさまざまな効果があります。

しかし、「歯につけるために、具体的にどうすればいいのかわからない」という人もいるでしょう。

フッ素を歯に付ける方法は、主に①歯科医院での塗布②フッ素による洗口③フッ素入り歯磨き粉の3つがあります。

 

歯科医院でつけてもらう場合は、歯に直接塗布するので特に悩むことはありません。

とりわけ、乳歯や永久歯が生え始めた頃に塗布すると効果的で、年に3~4回ほど行うと虫歯を予防する効果が発揮されます。

 

自分で行う場合は、フッ化物洗口剤を使用して洗口するという方法があります。

集団フッ化物洗口として学校などで行うこともあり、公衆衛生としての効果が発揮されます。

フッ素を使用してうがいをすることにより、歯の表面にフッ素イオンを付着できるのです。

 

フッ素入り歯磨き粉を使用する方法もありますが、注意点があります。

注意点とは、歯を磨くことを目的にする時は、通常の歯磨き粉を使用する、ということです。

先に通常の歯磨き粉で歯を磨いた後に、フッ素入り歯磨き粉を使用して歯を磨きます。

歯磨きが終わったら、歯にフッ素を残すためにも、軽く口をゆすぎましょう。

 

まとめ

フッ素は歯に塗布することで虫歯を予防する効果があると言われています。

フッ素には耐酸性や再石灰化の促進、抗酵素作用等の効果があります。

虫歯になる過程を阻害することができるため、虫歯予防の効果が高いのです。

フッ素を歯に付ける方法はいくつかあるので、自分で行いやすい方法を選んで定期的に行いましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る