ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    予防歯科
【八王子で予防歯科】予防歯科で撮影するバイトウイングとはどのようなもの?

予防歯科では、歯の状態を確認するためにレントゲン写真を定期的に撮影します。

バイトウイングというレントゲン写真を撮影することもあるのですが、バイトウイングとはどのようなレントゲン撮影なのでしょうか?

また、通常のレントゲンとの違いはどのような点にあるのでしょうか?

バイトウイングについて、解説します。

 

バイトウイングとは?

予防歯科では、虫歯や歯周病にならないように、原因となるプラークや歯石を除去して、虫歯になりかけている歯がないかをチェックします。

チェックの際、目視で見つけられなかった虫歯の有無を確認するため、レントゲン撮影をします。

その際に、撮影方法としてバイトウイングを行う歯科医院もあります。

 

バイトウイングとは、デンタルエックス線の撮影法の1つです。

咬翼法とも呼ばれています。

小臼歯から大臼歯にかけての歯を頬側の真横から水平に撮影する方法で、レントゲン写真には上下臼歯部の歯冠部分が撮影されます。

撮影の際は、ウイングのついたフィルムをエックス線が照射される方の舌側に垂直になるように立てて、ウイングを上下の臼歯で噛み合わせます。

噛んだまま、エックス線を真横から水平に照射して撮影します。

 

一般的なレントゲンとの違い

予防歯科において、バイトウイング法を用いる歯科医院があるのですが、一般的なレントゲン撮影では何か問題があるのでしょうか?

実は、バイトウイング法には予防歯科に適した特徴があるのです。

 

バイトウイング法の特徴として、う蝕(虫歯)の発見に有効な手掛かりを見つけやすいという点が挙げられます。

特に、目視できない歯の隣接面のう蝕などを発見することに優れているのです。

 

また、軽度な歯周炎の診断や、クラウンやインレーなどの補綴物の欠陥を発見することにも向いています。

バイトウイング法は、歯間や歯槽骨の周囲の状態をより正確に診断できるのも特徴です。

 

ただし、重度の歯周炎や根管病巣の診査には不向きです。

予防歯科は、病気になる前段階での治療を目的としています。

ゆえに、既に重度の歯周炎になっている人や根管病巣がある人は、予防歯科では治療できず、一般歯科の扱いになります。

 

予防歯科では、重度の歯周病や根管病巣を診査する必要はありません。

以前から予防歯科に通っている場合には、重症化する前に治療できます。

したがって、通常はバイトウイング法で十分です。

 

まとめ

予防歯科では、バイトウイング法というレントゲンの撮影方法を行う歯科医院もあります。

バイトウイング法は、歯冠部や歯槽骨周辺の撮影に適している方法で、得に隣接面のう蝕や軽度な歯周病、補綴物の欠陥などを発見するのに適しています。

歯根の先端に病巣がある根管病巣や重症化している歯周炎の診査には向きません。

もしも重症化している場合には、より詳しい検査を行うことになります。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る