ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    予防歯科
【八王子で予防歯科】口内のトラブルが増える高齢者は予防歯科の受診がおすすめ

年齢を重ねるにつれ、様々な病気になる可能性が高くなります。

 

口の中も例外ではなく、高齢になると口内の状態が悪化しやすくなるのです。

 

高齢者は、予防歯科を受診して虫歯や歯周病などになるのを防ぐのがおすすめです。

 

具体的に、どのようなトラブルが起こるのかを解説します。

 

高齢者に多い口内の状態

年齢を重ねると、病気になったり体調を崩しやすくなったりすることが珍しくありません。

 

口の中も同様で、年を取るにつれて様々なトラブルが起こるのです。

 

高齢者によくみられる口内の状態について、解説します。

 

高齢者によくみられる口内の状態としてまず挙げられるのが、下がった歯茎です。

 

歯茎が下がる原因には歯ぎしりや歯の磨き方などがありますが、加齢も原因の1つです。

 

歯の根元がむき出しになるため、虫歯になりやすく知覚過敏も起こります。

 

また、口内の乾燥も高齢者によくみられます。

 

加齢や降圧剤などの薬の副作用によって、口の中が乾いてしまうのです。

 

加えて、噛む力が弱まることも乾きの一因になります。

 

なぜなら、噛む力が弱まることで、唾液があまり分泌されなくなるからです。

 

唾液には口内を洗浄・殺菌する作用があるので、減少すると虫歯や口臭が発生しやすくなるのです。

 

さらに、高齢者になると、歯茎が腫れることも増えます。

 

口内の手入れが十分ではない、もしくは唾液が減少して細菌が増えたことによって起こるもので、放置していると歯が抜けることもあります。

 

高齢者に多い口内の病気

高齢者には、根面う蝕という病気がよく見られます。

 

歯茎が下がったことでむき出しになった歯根部に虫歯ができる病気です。

 

歯根部はエナメル質が少ないため、かかりやすいのです。

 

歯周病の原因菌が増え、歯周病になることも多いでしょう。

 

歯周病は歯を失う原因として大きな割合を占める病気で、気が付いたときにはかなり進行しています。

 

歯磨きが不十分でプラークや歯石が残っている場合も、歯周病のリスクが高くなります。

 

以上のとおり、高齢者になると口の中でも様々なトラブルが起こり、病気に罹りやすくなります。

 

したがって、普段から予防歯科を受診して虫歯や歯周病を防ぐのがおすすめです。

 

予防歯科に通うと、虫歯や歯周病になってから受診するより治療費も安く済みます。

 

虫歯や歯周病の治療は何回も通う必要があり、治療費も安くはありません。

 

また、治療しても歯を失う可能性があります。

 

予防歯科の場合は、虫歯や歯周病を防ぐべく定期的に通って簡単な施術を受けるのが主となります。

 

上記病気にならないように正しいケアを指導してもらい、実践したうえで、定期的に通って施術を受けることによって歯の喪失を防止することができるのです。

 

まとめ

高齢者になると、口内のトラブルも起こりやすくなります。

 

一度トラブルが起こると、なかなか完治することはありません。

 

また、治療を終えたとしても、元通りにはならないのです。

 

歯を大切にするためにも、高齢になったら予防歯科を受診することをおすすめします。

 

予防歯科なら、虫歯や歯周病などを未然に防ぎ、歯にダメージを残しません。

 

また、相談も気軽に聞いてもらえるでしょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る