ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    予防歯科
【八王子で予防歯科】歯磨きでフロスを使用して口内を健康に保ちましょう

口内の健康を保つためには、虫歯や歯周病の予防が大切です。

 

体の入り口である口の健康は、全身の健康につながります。

 

予防の第一歩は歯磨きですが、単に歯ブラシで歯を磨いているだけでは完全に予防できているとは言えません。

 

歯磨きをしっかりするために、フロスを使用するメリットを解説します。

 

フロスや歯間ブラシを活用するメリット

歯磨きといえば単に歯ブラシで歯を磨くことだと思っている人は多いのではないでしょうか?

 

歯ブラシしか使用せずに歯磨きをする人は多いのですが、実は歯ブラシだけではいくら磨いても、汚れは6割ほどしか落とすことができません。

 

4割の汚れが残ってしまいますが、そのうちの約半分はさらに落とすことが可能です。

 

2割を落とすために必要なのが、デンタルフロスや歯間ブラシなどの歯磨きでは届かないところにも届く補助清掃用具です。

 

歯磨きは習慣づけて毎日行っているので、使い慣れないものを使うようにしても面倒になってしまうかもしれません。

 

最終的には朝昼晩と歯磨きをして補助清掃用具を使用するのが理想ですが、まずは夜の歯磨きから使い始めてみましょう。

 

寝る前の歯磨きは、1日の中で最も重要です。

 

寝ている間に細菌が増えていくため、寝る前にしっかりと汚れを落としておかなければ、細菌が増えやすい環境になってしまいます。

 

フロスや歯間ブラシの選び方

歯ブラシは、人によって合ったものがあります。

 

同じように、歯間ブラシやフロスにも自分に合ったものがあるので、適切なものを選ぶようにしましょう。

 

大きさや形状などによって、自分に合うものも異なります。

 

適切なものを使用するかどうかで、プラークをどれだけ除去できるかが変わってくるので、適切なものを選ぶことは大切です。

 

たとえば、歯間が狭いにも関わらず、歯間ブラシがそれよりも太い場合には入っていかず、磨けません。

 

また、自分で歯を磨いているだけでは、自己流になりがちです。

 

歯の間に入るからと言って、細すぎてはプラークをしっかり落とすことができない可能性があります。

 

歯科医院で指導を受けつつ合ったものを探すのがおすすめです。

 

どうしても残る2割の汚れも、歯科医院でクリーニングを受けることできれいに落とすことができます。

 

口内を健康に保つため、歯科医院を活用しましょう。

 

まとめ

口内の汚れを落とすには、歯ブラシだけでは足りません。

 

デンタルフロスや歯間ブラシを使用して、歯の間の汚れなどもしっかりと落とすようにしてください。

 

歯磨きで落とすことのできる汚れは6割程度ですが、フロスなどを使用することで8割まで汚れを落とすことが可能です。

 

自分に合ったフロスを見つけるには、歯科医院で相談してください。

 

なお、歯科医院のクリーニングで残った2割の汚れを落とすことができるので、定期的にクリーニングを受けることをおすすめします。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る