ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜7時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-19:30

※土曜日は18:30までとなっております

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
7時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    矯正歯科
【八王子で小児矯正】矯正治療は大人と子どもでは何が違うのか解説します

歯列矯正は、大人でも子どもでも受けることはできるものの、矯正治療の内容に違いがあります。

 

大人の矯正治療は成人矯正、子どもの矯正治療は小児矯正といいますが、小児矯正だけは一期と二期にわかれているのです。

 

なぜ、小児矯正だけ分けられているのか、解説します。

 

矯正治療は大人と子どもでどう違う?

大人の矯正治療は、歯列矯正といって歯を正しい位置へと動かす治療です。

 

小児矯正でも歯並びを整えるのは重要な目的ですが、小児矯正の場合は歯を動かすだけではありません。

 

小児矯正では、顎の骨を成長させることも治療の1つに含まれているのです。

 

顎の骨の発達が不十分で小さいと、歯がきちんと生え揃うことができず、歯並びが悪く噛み合わせもずれた「不正咬合」の状態になってしまいます。

 

なぜなら、顎が小さいとスペースが足りず、斜めや重なった状態で歯が生えてしまう可能性があるからです。

 

子どもの顎は、最初は小さくとも成長と共に大きくなっていきますが、中には十分に成長しない子どももいます。

 

成長が不十分で歯並びが悪くなることがないように、小児矯正の一期治療では顎の骨の成長を促すのです。

 

大人になると、顎の骨も成長しきって固まっているため、広げることはできません。

 

歯を綺麗に並べるためのスペースが足りない場合は、抜歯をしてスペースを確保しなければならないでしょう。

 

小児矯正の特徴

小児矯正は、一期と二期に分かれています。

 

一期治療は、顎の骨が成長するよう促し、歯が綺麗に並ぶようにスペースを確保することが目的です。

 

顎の骨の成長は12歳頃には終わるため、成長が終わるまでに行う必要があります。

 

小児歯科の二期治療は、成人矯正とあまり違いはありません。

 

二期になると、成人矯正と同じように歯並びを整えるため、矯正装置を装着します。

 

歯に圧力をかけて、正しい位置へと歯を動かしていくのです。

 

子どもの歯は、大人の歯よりも動きやすいため、成人矯正と比べると比較的早く矯正が完了します。

 

歯並びは、見た目だけに影響するのではなく、虫歯の予防や歯周病予防、健康維持にも大きく関係するため、歯並びが乱れている場合は矯正することをおすすめします。

 

まとめ

矯正治療は年齢に関係なくできますが、子どものうちに矯正治療を受けた場合は歯並びだけではなく、顎の骨の成長を促して拡大させることもあります。

 

顎の骨を拡大する場合、顎の骨が成長しきる12歳までの間に行う必要があり、顎の骨を成長させる時期を小児矯正の一期治療といいます。

 

歯は子供の方が動かしやすいため、成人矯正と比べると短い時間で矯正治療を終えることが可能です。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る