ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    虫歯治療
【八王子で根管治療】ラバーダム防湿の特徴について

根管治療の際に、無菌治療のためにゴム製のシートを使用して治療を行うことがあります。

 

根管治療中の感染を防ぐために行うラバーダム防湿という治療方法ですが、どのようなものでしょうか?

 

ラバーダム防湿が治療なのか、また、どのような特徴があるのか解説します。

 

ラバーダム防湿とは?

根管治療は、歯の根の内側にある根管という部分を治療するもので、治療の際は内部を綺麗にしなくてはいけません。

 

その際に問題となるのが唾液です。

 

唾液には殺菌作用がある一方で、多くの細菌が含まれています。

 

そのため、唾液を介して根管内に細菌が侵入すると、治療が進まなくなってしまうのです。

 

唾液を防ぐために行うのが、ラバーダム防湿です。

 

ゴム製のシートで治療する箇所を覆い、周囲の唾液をカットして内部に唾液が侵入しないよう防止します。

 

使用する器具には、シート以外にクランプや穴を空けるためのパンチ、フォーセップス等があります。

 

クランプはパンチで治療箇所に穴を空けたシートを固定する器具で、フォーセップスはクランプを把持するために使用します。

 

ラバーダム防湿の特徴とは?

ラバーダム防湿は根管治療の助けになる方法ですが、どのような特徴があるのでしょうか?

 

ラバーダム防湿の特徴について、解説します。

 

根管治療のときは歯の根が露出するため、直接唾液が入ることがあります。

 

既述したとおり、唾液には口腔内に存在するさまざまな細菌が含まれているため、ラバーダム防湿を行うことで、唾液に含まれる細菌が根管に侵入するのを防ぐのです。

 

また、唾液が根幹部分から侵入すると骨や神経にも細菌が入り込んでしまうことがあるため、ラバーダム防湿を行うことで全身の細菌感染を防ぐこともできます。

 

さらに、強い薬を使用する際に口の中を痛めることもあるため、粘膜を保護するためにも使われます。

 

昔の歯の詰め物には、歯科用の水銀が用いられていたことがありました。

 

アマルガムとも呼ばれる合金で、飲み込むと健康被害につながる可能性があります。

 

過去に詰められた水銀を安全に除去する際も、ラバーダム防湿が役立つでしょう。

 

唾液の侵入に気を付けなくてはならないタイミングとして、補綴物を装着する時も挙げられます。

 

ラバーダム防湿なら、接着面に唾液がつかないよう防ぐことが可能です。

 

加えて、小さな治療器具の誤飲なども防止できます。

 

治療を安全に行うためにも必要とされるため、治療の内容を理解したうえで、安心して治療を受けてください。

 

まとめ

根管治療では唾液に含まれる細菌による感染などを防がなければなりません。

 

ラバーダム防湿は、治療箇所への唾液の侵入を防ぎます。

 

根管治療は、歯を残して虫歯を治療するために必要な治療であり、ラバーダム防湿を行うことで成功率を高められるのです。

 

雑菌の影響は全身に及ぶこともあるため、防菌のためにもラバーダム防湿は重要です。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る