ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    虫歯治療
【八王子で根管治療】根管治療とはどんな治療をするの?

虫歯の治療をする際、状態によっては根管治療を行う必要があるかもしれません。

 

根管治療がどのような治療なのか、よく知らない人も多いでしょう。

 

根管治療は虫歯で歯を失わないために重要な治療ですが、具体的にはどのような治療をするのでしょうか?

 

根管治療の内容について、解説します。

 

根管治療は何のために行うのか

根管治療は、歯の中にある歯髄という組織を治療するものです。

 

歯髄は、虫歯が進行して感染したり、壊死したりすることがあります。

 

もしも歯髄まで虫歯が達した場合には、消毒や歯髄を取り除く治療をしなくてはなりません。

 

治療の目的は、根管内の細菌を除去して虫歯が再発するのを防ぐことにあります。

 

根管治療が必要となるケースは、歯髄炎や歯髄壊死、根尖性歯周炎などです。

 

歯髄炎は虫歯が歯髄に達した状態で、炎症が回復しなければ抜髄などを行わなければなりません。

 

歯髄炎を放置していると、悪化して歯髄壊死となり、歯の神経が死んでしまいます。

 

冷たいものなどがしみる、痛みを感じるといったことがなくなるほか、歯が変色することもあります。

 

根尖性歯周炎は、歯周病や重度の虫歯になった状態を放置したことで、炎症が骨の中まで進行し、歯の根の先端部分に到達して周囲の骨も炎症になった状態です。

 

一度根管治療を行った後でもなってしまうことがあります。

 

根管治療の内容

根管治療では、まずは虫歯になっている歯を丁寧に削り取ります。

 

そして、リーマーという根管治療専用の細い器具を用いて、歯を痛めないように細心の注意を払いながら細菌に感染した歯髄を除去します。

 

同時に、歯根の先端部に溜まっている膿も取り除きます。

 

その後、内部の洗浄や消毒を行い、症状に合わせて薬を充填します。

 

痛みや炎症が落ち着いたら、根管内に細菌が再進入するのを防ぐため、根管に専用の薬剤を充填します。

 

根管に薬剤を充填したら、補綴物を装着して歯に空いた穴を埋め、歯の機能性を保ちます。

 

補綴物を装着したら、治療は完了です。

 

中には忙しさから治療を途中でやめてしまう人もいますが、治療を中断すると、根管内に細菌が残ったままになったり、新たに細菌が侵入したりすることがあり、抜歯のリスクが高まります。

 

根管治療は中断せず、最後まで受けましょう。

 

まとめ

歯を残すことを考えるのであれば、根管治療は重要です。

 

しかし、抜髄して神経も除去すると、歯の寿命は短くなってしまうのです。

 

歯を残す治療をするのであれば、可能な限り神経を残さなければなりません。

 

面倒に思うかもしれませんが、歯を残すことは健康のためにも重要です。

 

ただし、症状によってはどうしても神経を残すことができないこともあります。

 

神経を残せるかどうか、歯科医院で詳細に診てもらいましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る