ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    矯正歯科
【八王子で矯正治療】矯正治療中の食生活には注意が必要な点があります

歯列矯正の治療中、食生活に悩む人も多いでしょう。

 

矯正装置を付けたまま食事をしていいのか、また噛む時に痛みがないか、避けた方がいい食べ物があるのか不安に思うかもしれません。

 

矯正中は食べづらいという人も少なくないので、注意が必要です。

 

矯正装置を装着している期間の食生活について、解説します。

 

リンガルブラケットの装着中の食事で注意する点は?

矯正治療の際、特に食生活に気を付けたいのがリンガルブラケットと、矯正装置としてマウスピースを装着するインビザラインなどのマウスピース矯正です。

 

矯正装置を使用している間は、いくつかの点に気をつけましょう。

 

リンガルブラケットは、装着したばかりで慣れていなければ、ものを噛む時に痛みや違和感が生じることがあります。

 

矯正治療全てに共通する点ではありますが、リンガルブラケットでは特に痛むことが多いので注意が必要です。

 

リンガルブラケットを着けてすぐのうちは、固すぎるものや噛み切りづらいものなどは避けたほうがいいでしょう。

 

また、細長いものや繊維質の食べ物は矯正装置に引っかかるため、避けることをおすすめします。

 

マウスピース矯正の治療中の食事の注意点

インビザラインなどのマウスピース型の矯正装置であれば、取り外しが可能なので気を付けることはそれほど多くありません。

 

しかし、外し忘れて食事するとマウスピースが破損してしまう可能性があるため、食事の前には必ず外してください。

 

飲み物だけなら外さなくてもあまり問題はありません。

 

ただし、糖分が含まれているものやコーヒーの様に着色しやすい、あるいは糖分が含まれている飲み物を飲む場合は、一度取り外すようにしましょう。

 

マウスピースを装着していると唾液の自浄作用が働きにくくなり虫歯になりやすくなるのと、マウスピース自体に着色して汚れるのを防ぐためです。

 

着けたまま熱いものを口に入れると変形してしまう可能性が高いため、事前に外すのを忘れないようにしましょう。

 

想定よりも低い温度で柔らかくなってしまうので、気を付けてください。

 

また、食後はマウスピースを再び装着しますが、その際は必ず歯磨きをしてから装着してください。

 

頻繁に脱着するのは面倒かもしれませんが、忘れず行いましょう。

 

まとめ

歯列矯正の治療中の食生活では、矯正装置が破損しないよう気をつける必要があります。

 

食生活の注意を怠ると、矯正装置が壊れるだけではなく口腔内の環境が悪化し、虫歯のリスクが高まる恐れがあるのです。

 

特に、リンガルブラケットの場合は注意が必要です。

 

リンガルブラケットよりも注意点が少ないマウスピース矯正も、破損に気をつけましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る