ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    虫歯治療
【八王子の歯医者】なぜ虫歯治療では「歯の神経を残して抜歯を避けること」が重要なのか

虫歯が進行すると、歯の内側に虫歯菌が到達します。

 

内側の歯髄に到達すると激しい痛みが生じ、歯を削る際、痛みがあるために神経を抜かなければならなくなってしまいます。

 

場合によっては抜歯が必要となるでしょう。

 

しかし、近年の歯科治療では、神経を残して抜歯を避けることを重視しています。

 

なぜ重視されるのか、解説します。

 

なぜ、歯の神経を残すことが大切なのか

歯の構造は、最も外側にエナメル質があり、内側に象牙質、さらに内側には歯髄があります。

 

歯髄は、歯の神経や血管などが集まっている箇所で、一般的には神経と呼ばれます。

 

神経を抜く際は、歯髄を除去します。

 

抜髄という根管治療の一種を行いますが、歯髄の形状は非常に複雑で曲がりくねっています。

 

ライトで照らしても光が届かないため、治療は非常に困難です。

 

根幹治療をする場合は、虫歯の部分だけではなく周辺も削り、光が届くようにしなければいけません。

 

しかし、神経を残すのであれば周辺は削る必要がなくなり、削る量を少なくして歯を守ることができます。

 

抜髄に含まれる血管には歯に栄養を運ぶ働きもあるため、抜髄によって血管も失われてしまうと、歯に栄養が届かなくなってしまいます。

 

時間が経つにつれて、栄養が足りない歯は朽ち果ててしまうでしょう。

 

抜髄せずに治療できれば、歯には血管を通じて栄養が行きわたるため、栄養不足になることを防止できます。

 

神経を除去した場合の歯の喪失リスクは、前歯が2倍近く、奥歯が7倍以上になるといわれているため、神経を残すことは非常に重要です。

 

神経を残して抜歯を避けるには?

神経を除去しない、抜歯をしないという治療方法を目指しても、歯は削る必要があります。

 

露出した神経を除去しなければ痛みが生じるでしょう。

 

神経を残して虫歯の治療をする方法に、MTAセメントがあります。

 

歯を削った時、神経を覆うように充填して使用されるもので、MTA歯髄温存方法と呼ばれています。

 

MTAセメントには、殺菌作用などがあります。

 

MTAセメントを充填したら、被せものや詰めものをさらに上に被せて歯を保護して、二次う蝕を防ぎます。

 

治療の際は感染対策をしっかりと行ったうえで、精密治療を行います。

 

まとめ

虫歯の治療では、神経を抜いたり歯を抜いたりすることは珍しくないのですが、近年では神経を残し、抜歯をしない虫歯治療が増えています。

 

神経を保護するには、MTAセメントを使用して神経を覆うという方法があります。

 

永久歯は、削った部分が再生することはなく、一度抜歯するともう生えてきません。

 

神経を残すことで、治療は複雑になるものの歯を長く持たせることができるのです。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る