ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜7時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-19:30

※土曜日は18:30までとなっております

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
7時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    マタニティ歯科
【八王子の歯医者】妊娠中や出産後は歯がボロボロになってしまうのでしょうか?

妊娠中は、出産に関わるさまざまな情報を調べる人が多いでしょう。

 

出産に関わる情報の中で、子どもを産むたびに歯がボロボロになるという話を聞いたことはありませんか?

 

歯がボロボロになるというのは、本当でしょうか?

 

また、理由は何かを解説します。

 

歯がボロボロになるというのは本当?

「出産によって歯がボロボロになる」という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

出産すると、本当に歯がボロボロになってしまうのでしょうか?

 

歯がボロボロになる、という話は全くの嘘というわけではありません。

 

ただし、実際には予防が可能です。

 

昔は、お腹の中の子どもに栄養を取られてしまうため、歯がボロボロになるといわれていました。

 

しかし、実際には栄養が取られることが原因ではありません。

 

歯がボロボロになるのは、妊娠している時に歯周病になりやすいことが原因です。

 

妊娠中は、妊娠性歯肉炎という歯周病の初期症状である歯肉炎に近い症状が出ます。

 

妊娠性歯肉炎を適切にケアしなければ、歯周病のきっかけとなってしまうのです。

 

妊娠性歯肉炎は、妊娠中に増加するエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが原因となって発症します。

 

歯肉炎が起こることで、歯周病菌が増える原因にもなるのです。

 

また、妊娠中は悪阻によって歯磨きもままならず、口内ケアが十分にできないことがあります。

 

虫歯がある場合は、悪化しやすい環境となるのです。

 

妊娠中のケアで気をつけること

出産によって歯がボロボロになるのは、子どもに栄養が行くことではなく、十分なケアができないことが原因です。

 

妊娠中の口内ケアで気をつけるべき点について、解説します。

 

妊娠中は、食事を一気に食べると気持ち悪くなることが多く、小分けにして何回も食べる人が多いでしょう。

 

しかし、頻繁に食べていると、食べてすぐに歯を磨くのが難しくなります。

 

また、悪阻によって歯ブラシを口に入れるのがつらい、という人もいるでしょう。

 

悪阻では胃酸も一緒に吐き出すので、歯に胃酸がかかって溶けてしまうこともあり、口内が酸性になって虫歯菌が活動しやすくなってしまいます。

 

妊娠中に気をつける点として、寝る前に必ず歯を磨くことが挙げられます。

 

日中の歯磨きは体調がいい時に行えばいいのですが、食事の後は少なくともうがいだけはして、汚れを洗い流してください。

 

まとめ

お腹にいる子どもに栄養が必要なため、お母さんの歯は出産のたびにボロボロになっていくといわれていますが、実は子どもへの栄養が原因ではなく、口内ケアが不十分になることが原因です。

 

妊娠中は歯周病菌が増えやすいことに加え、虫歯菌が活動しやすい環境になりやすいため、十分にケアをしなければいけません。

 

少なくとも寝る前にはしっかりと歯を磨き、こまめにうがいをしてください。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る