ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    虫歯治療
【八王子の歯医者】歯の神経を残す「MTAセメント」について

虫歯の治療をする時、歯の奥まで虫歯が進行していれば神経を抜くことになります。

 

神経を抜いた歯は寿命が短くなるため、近年では歯の寿命を守るために神経を抜かない治療を行うことが増えています。

 

神経を残すために重要な役割がある、MTAセメントとは何かを解説します。

 

MTAセメントとは?

虫歯になった時は、虫歯に感染している部分の歯を削り取るのが一般的な治療方法です。

 

虫歯は、進行すると歯の内側にある歯髄まで感染してしまうことがあります。

 

歯髄まで感染すると激しい痛みが生じるので、歯髄を除去する抜髄という治療を行うことになります。

 

しかし、歯髄には歯の神経などが集まっているので、抜髄をすると神経が失われてしまいます。

 

神経を失った歯は失活歯と呼ばれ、徐々に色が黒くなっていき歯の寿命も短くなってしまいます。

 

しかし、最近では神経が虫歯菌に負けて死んでいない限りは、神経を残して治療することが可能となりました。

 

MTAセメントを使用することで、神経を残したまま虫歯の治療ができます。

 

MTAセメントは、菌を防いで除去することができ、治療部分をしっかりと塞ぐこともできます。

 

虫歯に感染している部分を抜いたら、MTAセメントを穴に詰めて被せものや詰めものなどの補綴治療を行うことで、神経を残したまま虫歯の治療をすることが可能です。

 

MTAセメントは人体との親和性が高く悪影響を及ぼしません。

 

したがって、安心して治療を受けることができるでしょう。

 

保険が適用されない治療なので全額自己負担となりますが、治療内容によっては適応しない場合もあるため、適応できるかどうかはカウンセリングの際に確認しましょう。

 

MTAセメントを用いて治療を行う場合の流れ

MTAセメントを用いて治療を行う場合の、治療の流れについて解説します。

 

まずは、ラバーダムを装着して治療箇所に細菌が侵入するのを防ぎます。

 

虫歯に感染している部分を削る等の治療でそぎ落とし、歯の奥にある歯髄を露出させます。

 

歯髄にある神経が、生活反応を示すかどうかで生きているかを確認します。

 

生きていれば、露出している部分をMTAセメントで覆うようにして、神経を見えないようにします。

 

MTAセメントで覆った状態で型を取り、被せものや詰めものを作製して、装着したら治療は完了です。

 

ただし、治療が完了した後も経過観察をして、歯の神経が機能してきちんと生活反応を示すかをチェックする必要があります。

 

MTAセメントを使用した場合は、歯の根の治療をする根管治療よりも少ない治療回数で終わり、歯の寿命も短くならないというメリットがあります。

 

しかし、症例によっては対応できないこともあり、自由診療で材料が高価なため金銭的負担が大きくなるというデメリットに留意してください。

 

まとめ

虫歯の治療で歯の神経を除去すると、歯の寿命は短くなってしまいます。

 

歯の健康を保つには、神経を残しておく必要があるのです。

 

神経が生きている場合は、MTAセメントを使用して治療をすることが可能です。

 

神経を残したまま虫歯の治療ができ、治療材料として身体親和性も高いため、体に悪影響を及ぼすこともありません。

 

ただし、治療できるケースが限られているため、カウンセリングの際に確認する必要があります。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る