ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    虫歯治療
【八王子の歯医者】虫歯治療の痛みを抑える麻酔について、解説します

虫歯の治療では、感染している部分の歯を削る必要があります。

 

そのため、虫歯治療は痛いものだと思っている人も多いでしょう。

 

虫歯治療の痛みを抑えるには、麻酔が必要です。

 

虫歯治療で使われる麻酔には、どのようなものがあるでしょうか?

 

麻酔の種類について、解説します。

表面麻酔とは?

虫歯治療には、様々な痛みがあります。

 

痛みを抑えるためには、まず表面麻酔が必要なのですが、表面麻酔は歯を削る痛みを抑えるためのものではありません。

 

表面麻酔は、歯茎に注射をして注入する麻酔をかける時の痛みを和らげるためのものです。

 

麻酔のための注射は痛みが強いため、表面麻酔をすることで負担が軽くなります。

 

虫歯治療のための麻酔は表面麻酔だけで終わらないのですが、全体の痛みを抑えるにはまず表面麻酔が必要です。

 

ただし、歯石クリーニングの様に痛みはあるものの注射をするほど強い痛みではない場合は、表面麻酔だけで治療が行われます。

浸潤麻酔とは?

表面麻酔の後は、本格的な麻酔となる浸潤麻酔を行います。

 

浸潤麻酔法は、治療対象となる歯の周囲の歯茎に、注射で麻酔をする方法です。

 

虫歯治療では、最も一般的な麻酔です。

 

浸潤麻酔は、虫歯の治療において最初に受ける痛みです。

 

虫歯治療のイメージで、麻酔の注射の痛みを思い浮かべる人も多いでしょう。

 

注射の痛みは、実は針の太さによって変わるのです。

 

注射の針が細ければ細いほど、痛みは少なくなります。

 

歯科医院で扱うことができる注射針の太さは決まっているので、扱える針の中で最も細い針を使用している歯科医院を選ぶと、痛みは少なくなります。

 

針の種類は、以前と比べてかなり細いものになっています。

 

昔の虫歯治療の痛みを思い出して治療を受ける人は、痛みの少なさに驚くかもしれません。

 

浸潤麻酔はかなり強力な麻酔なので、痛みをほとんど感じません。

 

しかし、奥歯など治療箇所によっては麻酔が効きにくいため、神経をブロックする伝達麻酔を行うこともあります。

 

伝達麻酔は広範囲に作用して、長ければ半日ほど効果が続きます。

まとめ

虫歯の治療において、大きな負担となるのは痛みです。

 

歯を削る痛みを和らげるために浸潤麻酔という注射による麻酔をかけるのですが、麻酔を注射する時もかなりの痛みがあります。

 

麻酔注射の痛みを軽減するために、表面麻酔も行う必要があるのです。

 

麻酔を2段階に分けて行うことで、痛みはほとんど抑えることができます。

 

麻酔が切れるまでの間は、食事などに注意しましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る