ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    予防歯科
【八王子で予防歯科】子どもの頃に虫歯治療をしているなら、二次虫歯の予防が必要です

虫歯の治療をした歯は、もう虫歯にならないと思っている人もいます。

しかし、虫歯は細菌の働きによってかかる病気なので、歯が残っている限りは虫歯になる可能性があるのです。

特に、子どもの頃に虫歯の治療をした人は、成人期になってから二次虫歯になる可能性があります。

二次虫歯の予防について、解説します。

 

二次虫歯とは?

虫歯は、虫歯菌が生成する酸によって歯が溶かされる細菌感染の病気です。

虫歯になり、症状が進行した場合は、感染した部分を削ることになります。

歯を削った箇所には、インレーという詰めものやクラウンという被せものを装着し、削った部分を補います。

一度虫歯になって治療した歯は、もう虫歯にならないと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、虫歯というのは歯の特定の箇所だけではなく全体に生じる病気なので、歯が残っている限りは再発する可能性があるのです。

同じ歯で再発する虫歯のことを、二次虫歯といいます。

治療後に銀歯を装着すると、時間の経過とともに銀歯が変形・破損し、隙間ができることがあります。

変形等によって生じた隙間から虫歯菌が侵入し、二次虫歯を引き起こすのです。

もちろん、銀歯は簡単に変形するものではありません。

しかし、着けてから何年も経てば変形することもあります。

 

二次虫歯は気付きにくいので、重症化しやすいのです。

虫歯の治療をする時は、歯の神経を抜くことがあります。

神経は再生しないので、神経を抜いた歯は痛みを感じなくなるのです。

神経を抜いた歯が虫歯になると、気が付いたころには抜歯するしかない状態になっているかもしれません。

 

二次虫歯の予防方法は?

二次虫歯の予防は、通常の虫歯予防と変わりません。

普段の歯磨きを丁寧に行い、汚れを残さないようにデンタルフロスなども使用して、定期的に予防歯科でクリーニングしてもらいましょう。

被せものの変形によって隙間から虫歯が入り込むと、通常の歯磨きでは除去できません。

時々被せものを外して消毒するという方法では手間がかかるので、変形しないセラミックなどの素材の被せものを装着するのがおすすめです。

 

まとめ

子どもの頃に虫歯の治療をした人は、成人期になってから二次虫歯になってしまうことがあります。

二次虫歯が神経を抜いた歯にできた場合には、痛みを感じません。

そのため、相当進行するまで気が付かないこともあるのです。

二次虫歯を予防するには、通常の虫歯予防の他にセラミックの被せものに交換するという方法もあります。

予防歯科に定期的に通い、二次虫歯がないかをチェックしてもらいましょう。

被せものが変形した場合には、セラミックへの交換を検討してみてください。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る