ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜6時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-18:30

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
6時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    予防歯科
【八王子で予防歯科】普段から自分でできる虫歯予防はあるのでしょうか?

虫歯の治療をするのではなく、虫歯にならないようにするのであれば、歯科医院を定期的に受診してメンテナンスを受けるのがおすすめです。

しかし、メンテナンスは頻繁に受けるものではないため、普段から自分でも対策しておく必要があります。

今回は、自分でできる虫歯予防について解説します。

 

体に備わっている虫歯への抵抗力

人間の体は、元々虫歯への抵抗力を備えています。

その働きを強めることが、虫歯対策には有効です。

特に大きな働きをするのが、唾液です。

 

唾液には食べたものの消化を助ける働きがあるので、唾液が正常に分泌されていれば胃腸にかかる負担を軽減できます。

また、唾液は歯にとっても重要です。

なぜなら、歯からリンやカルシウムなどの成分が溶け出してしまう脱灰という状態になった時、再石灰化を促進して成分を補い、修復する働きがあるからです。

 

唾液の持つ殺菌作用で、ミュータンス菌をはじめとする虫歯の原因菌の働きも抑えられます。

唾液の分泌量が少なく、口内が極端に乾燥していると殺菌作用が弱くなるため、水分を適度に摂取するよう意識したほうがいいでしょう。

 

口内が酸性に偏ると歯が溶けやすくなりますが、唾液は酸を中和して中性に保つ働きもあります。

歯の表面のエナメル質を固くして、虫歯で溶けにくくするのも唾液の働きです。

 

虫歯対策のセルフケア

唾液には虫歯を予防する働きがありますが、唾液だけで虫歯を防ぐことができるのであれば、そもそも虫歯になる人はほとんどいません。

唾液以外にも、虫歯対策のセルフケアが必要です。

 

虫歯対策に効果的なのが、フッ素です。

歯科医院で治療を受けた後などに塗布されることもありますが、普段からフッ素入りの歯磨き粉などを使用することで、自分で歯にフッ素をつけることもできます。

 

フッ素は、洗口液にも含まれているものがあります。

洗い流さず歯に残しておくためには、まずは普通の歯磨き粉を使って丁寧に歯を磨いた後、フッ素入り歯磨き粉や洗口液を歯につけて、軽く口をゆすぎます。

 

歯を磨く時は、歯垢をできるだけ落とすように意識して磨いてください。

歯垢は歯の隙間や歯周ポケット、奥歯など磨きづらい部分に残ることが多いため、歯茎と歯の間や歯の隙間などの汚れを掻き出すように磨くことが大切です。

 

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、砂糖やでんぷんなどの糖質を餌にしているので、飲食をしてから歯を磨くまでの間に虫歯が進行します。

食後、できるだけ早く歯を磨くことによって、虫歯になりにくくなるのです。

 

まとめ

虫歯は、一度感染してしまうと削るしかなくなり、治療にも時間がかかってしまいます。

削った部分は元に戻ることがないため、最初から虫歯にならないよう対策しておく必要があるのです。

歯の寿命も短くなるので、歯を失わないためにも、虫歯になるのは避けましょう。

しかし、セルフケアだけでは十分な対策ができません。

より確実に虫歯を防ぐためにも、歯科医院で定期検診を受けることをおすすめします。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る