ロゴ

提携駐車場
あり

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜7時半まで診療

土曜日診療

月水木金土

9:30-13:00/14:30-19:30

※土曜日は18:30までとなっております

042-649-3075

京王八王子駅
徒歩2分

八王子駅
徒歩6分

女医在籍

平日夜
7時半まで診療

土曜日診療

提携駐車場
あり

波

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

WEB予約

    マタニティ歯科
【八王子の歯医者】妊娠中に口腔内のトラブルが起こりやすい原因を解説します

妊娠中は、身体にさまざまな変化が生じます。

 

口腔内のトラブルが起こりやすく、虫歯や歯周病になりやすいため、注意しなければなりません。

 

妊娠中に虫歯や歯周病になりやすいのはなぜでしょうか?

 

また、妊娠中に虫歯や歯周病を放置していると、胎児にも影響が出てしまいます。

 

トラブルが起こりやすい原因と、胎児への影響について解説します。

 

妊娠中に虫歯や歯周病になりやすい原因

妊娠している時は、多くの妊婦さんがつわりを経験します。

 

食べたいものも食べられず、人によっては歯磨きさえもできないことがあります。

 

妊娠中に虫歯のリスクが高まるのは、つわりが原因です。

 

つわりによって、妊娠前より嘔吐しやすくなってしまいます。

 

嘔吐した時は胃の中の食べたものが胃酸と共に吐き出されます。

 

胃酸は非常に強力な酸であるため、口内に留まってしまうと歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうのです。

 

虫歯の原因となる菌は酸を出して歯を溶かしますが、口内が酸性になっていると虫歯菌が出す酸を中和できず、かえって歯が溶けるのを促進してしまいます。

 

本来は唾液で酸も中和されますが、妊娠中は唾液の分泌も少なくなるため、虫歯が何にも邪魔されずに進行してしまうのです。

 

なお、歯周病菌は酸性では生きられず、アルカリ性の環境を好みます。

 

妊娠中に歯周病になることは少ないのですが、妊娠性歯肉炎という歯周病の初期症状に似た症状になることがあるため注意が必要です。

 

妊娠性歯肉炎をきっかけに歯周炎へと悪化することもあります。

 

胎児への悪影響

妊娠中に虫歯や歯周病になると、お腹の中にいる胎児にも悪影響が及びます。

 

女性ホルモンが歯周病菌の増殖を促すため、歯周病にかかりやすくなってしまいます。

 

歯周病は早産や低体重児出産のリスクを高めるため、健康な子どもを産むためにも歯周病予防が大切です。

 

もしも歯周病になった場合には、早急に治療しなくてはいけません。

 

また、生まれたばかりの赤ん坊の口内には虫歯菌が存在しませんが、保護者が使っているスプーンや箸で食べ物をあげることによって、虫歯菌が感染してしまいます。

 

3歳までに虫歯菌が存在しなければ、それ以降も虫歯になるリスクが低くなります。

 

小さい子どもに虫歯菌を感染させないよう、虫歯がある場合には早く治療しましょう。

 

まとめ

妊娠中は、つわりで嘔吐した際に胃酸が歯の表面を溶かし、口内を虫歯菌が好む酸性の環境にしてしまうため、虫歯になるリスクが高くなります。

 

また、妊娠性歯肉炎という歯周病の初期症状である歯肉炎に似た症状が起こることもあるため、歯周病になるリスクも高まります。

 

虫歯や歯周病は、子どもにも悪影響を及ぼすので、日頃から予防することが大切です。

 

もしも発症した場合には、早めの治療を心掛けましょう。

この記事を書いた人

八王子きずな歯科 歯科医師

杉山 裕貴

  • 2015年 東京医科歯科大学歯学部 卒業
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部付属病院 総合診療部レジデント
  • 2022年 八王子きずな歯科
記事一覧へ戻る